コラム > 総合

美容師のランク別料金は無理がある


スタイリスト、トップスタイリスト、デザイナー、ディレクター等とスタイリストをランク分けし、担当するスタイリストのランクにより技術料が異なるという料金設定をしている美容室があるが、どうにもおかしな点を抱えたまま営業している美容室が多い様に見える。
スタイリストの技術や修練度、経験に応じて各店独自にスタイリストをランクづけするということは、スタイリスト自身の技術向上や自覚をはかる上で意味はあるのだろうが、そういったランクは各店独自の基準に基づくもので、対応できるメニュー等に応じて技術ランクの基準は、決められたりしており、店内独自の昇格審査を経て得られるものだが、多くの場合それがお客さんがスタイリストを指名するための指標になる事はまれである。
「お客様のおかげでトップスタイリストに昇格しました」とお客さんと一緒に昇格を喜び合うだけなら良いが、これまで担当していたスタイリストがランクアップしたからと、施術料金まで一緒にアップし、それをお客さんに請求してしまうという料金システムというのはどうなのかと思う。
お客さんの方でも昨日までと同じ人同じヘアスタイルなのに、料金がアップしてしまってはなかなか納得できないんじゃないだろうか。料金アップが原因でお客さんがお店を変えてしまうことも当然あるだろう。
またおかしなことに、なかには料金表にはスタイリストのランクはいくつかあっても、そもそもそのお店に各ランクのスタイリストが在籍せず、「そのお店」の上位ランクのスタイリストを指名せざるをえないという状況にある美容室もある。
美容師のランク別料金が成立する環境としてあげるとすれば、お店に余裕を持った数のスタイリストが在籍しているというなかで、なかなか予約の取れない人気のスタイリストに担当してもらう場合等に限られるのではないか。それであれば何かしらのプラス請求される項目は当然あってもいいと思うが、そういう環境でない場合は、お客さんに素直に納得されるのは難しい。
スタッフがお客さんに直接接して技術提供するという業種において、スタッフをランク分けして料金設定をするというのは、どんな業界があるのだろうか、銀座の高級寿司店に行っても、大将が握ったからといって値段が上がる等ということはない、ちょっと考えてみたけれども美容室の他に思い浮かばない。
仮に美容室が所属するスタイリストの技術レベルを一律のレベルで提供することが難しく、技術料金に差を付けた複数ランクにわけるのであれば、他の技術系の業種がそうである様に、低ランクの技術者が担当する場合は最終的にはお客様が満足するよう高ランクの技術者がバックアップする体制があって良い様に思うが、そういった体制がとられている美容室は少ない。



LINEで送る
PREV : 美容室のバックルームをライブ中継
NEXT : 美容室の求人はリクエストQJだろう

美容師のランク別料金は無理がある


スタイリスト、トップスタイリスト、デザイナー、ディレクター等とスタイリストをランク分けし、担当するスタイリストのランクにより技術料が異なるという料金設定をしている美容室があるが、どうにもおかしな点を抱えたまま営業している美容室が多い様に見える。 スタイリストの技術や修練度、経験に応じて各店独自にス...
godemo

無料でつかえる空いてる?.mobiネット予約システムを今すぐお試しください。
demoshop@aitel.mobiまで空メールを送信していただくと、空いてる?.mobiネット予約システムをお試し頂けるデモショップのURLをすぐにメールで自動返信いたします。会員登録等はありません。
デモショップのネット予約ページにアクセスしお客様として予約申込を行っていただくと、あなたのメールアドレスに予約申込メールが入りますので、これに対して受付や日時変更等の操作を実際に行ってお試し下さい。全ての画面と送信されるメール全てをご確認いただけます。