コラム > 総合

美容師さんとFecebook


美容師の方でもFecebookやってる人が多い、スタイリスト、アシスタントを問わず、ふつうにお客さんと友達登録しちゃってる美容師さんが多い気がしますが、指名制のからみでトラブルになったりしないのかなと心配する。
まして美容師さんはごく短期間に入社退社をくり返し、まるでジプシーの様に美容室を移る方が少なくないというのに、美容室経営としてはそれで大丈夫なんだろうか?
インターネットが、スマートフォンによって末端まで浸透するレベルにくる以前は、お店のドメインを取得して自社ウェブサイトを開設してもスタッフにはメールアドレスを渡さないという判断をしていた美容室が多かったと思うが、スタッフのFacebookに関しては野放し状態というのはなんなんだろう。
また、美容室に限ったことではないが、自社のウェブサイトもあって、フェイスブックにもページを開設して、やたらといいねして、いいねしてとお客さんにやっているところが多いが、ウェブサイトやFacebookでの掲載情報の同期やリンクがとれていないことが多く、入口ばかり増やしてその先が集約されていないので、更新にかかる手間が増えるばかりでウェブサイトに加えてFacebookをやる意味がなくなっている。ツイッターが話題になってた頃と全く同じ。
じゃどうしようかと誰が連れてきたのか妙なコンサルタントが開催するこれまた妙なFacebook活用セミナーとか、SNS活用セミナー等に参加して、これまたおかしな使い方を仕込まれてきちゃったり、余計な問題を抱えてしまう前に、利用方法についてスタッフを交えて良く検討された方がいいと考えます。



LINEで送る
PREV : 美容室の指名制について
NEXT : 美容室のメニューは悲しいほどにわかりにくい

美容室のメニューは悲しいほどにわかりにくい


美容室のメニューはほんとにわかりにくい。 営業で美容室に伺った際等に、お客さんのレジでの会計時に出くわすこともあるが、「シャンプー、トリートメント、こちらブローが別になっております、また本日○○をご指名頂いておりますので、なんとかかんとか」と金額がかさんでいく度にお客さんの表情がだんだんブルーになり...
godemo

無料でつかえる空いてる?.mobiネット予約システムを今すぐお試しください。
demoshop@aitel.mobiまで空メールを送信していただくと、空いてる?.mobiネット予約システムをお試し頂けるデモショップのURLをすぐにメールで自動返信いたします。会員登録等はありません。
デモショップのネット予約ページにアクセスしお客様として予約申込を行っていただくと、あなたのメールアドレスに予約申込メールが入りますので、これに対して受付や日時変更等の操作を実際に行ってお試し下さい。全ての画面と送信されるメール全てをご確認いただけます。